赤ちゃんがいる時にエアコンをつけても平気?

夏場や冬場はエアコンなしで生活するのは難しいです。

 

しかし、赤ちゃんのいる家庭では、エアコンひとつ付けるのにすごく気を遣います。

 

基本的に赤ちゃんは大人よりも体温が高いです。

 

赤ちゃんの平熱は大体36.5度?37.5度だと言われています。
大人の37.5度と言えば立派な発熱なのですが、赤ちゃんにとっては平熱に入るのだそうです。

 

これを頭の中に置いておけば、自ずとエアコンの使用頻度などが分かってくると思います。
また、赤ちゃんは汗をよくかくので、寝る時の服装は大人よりも一枚減らすと良いそうです。
赤ちゃんは、暑がりで汗っかきなのです。

 

夏場のエアコンですが、体のためと言って使用しないのは絶対にいけません。

 

それでなくても体温が高いので、すぐに熱中症になってしまいます。
そんなことにならないよう、エアコンは必ずつけてください。

 

夏場のエアコンの温度は、27度?28度が適切だと言われています。
部屋を冷やしすぎると、風邪を引いたりお腹を壊す原因となりますので注意が必要です。

 

27度?28度で2時間ほどかけておくのが調度いいと思います。

 

熱帯夜の時は、一晩中エアコンをかけておいても構いませんが、
必ず一番弱い風量に設定しておきます。

 

そして、風向きが赤ちゃんの方へ直接向かないように気をつけます。

 

エアコンだけではなく、寝具も汗を吸収しやすいものを選ぶといいでしょう。
夏用の腹巻なども売っていますので、赤ちゃんが快適に眠りにつけるように工夫してください。

 

冬場のエアコンは極寒の地に住まれている方でなければ、多少寒くても赤ちゃんは大丈夫です。
先程も書きましたが、赤ちゃんの体温は非常に高いので、寒ければ自分で体温調節をしてくれるのです。

 

寒いだろうと思い、良かれと思ってエアコンをガンガンつけると、
赤ちゃんは逆に体温調節が上手くいかなくなり体調不良の原因となります。

 

もしあまりに寒くて心配だと思うなら、温度は18度〜20度に設定してください。
さらに、暖房は部屋を乾燥させますので、加湿器の併用をおすすめします。

 

部屋が乾燥すると、喉に炎症が起きやすくなるので、湿度60%前後を保てるようにしてください。
乾燥はウィルスを飛沫しますし、良いことはありません。

 

冬場よく聞くのが、赤ちゃんの足が寒そうだから靴下を履かせているという話です。

 

赤ちゃんが寝る時に靴下は必要ありません。

 

確かに出ている小さな足が冷たいと心配になると思いますが、
赤ちゃんは足で体温調節をとっているのです。なので、足や手が冷たくても大丈夫です。

 

毎日毎日気温は変わるので、その都度赤ちゃんのことが心配になると思います。
でも、赤ちゃんは大人が思っているより非常に強くて元気なのです。
あまり過干渉になり過ぎずないことも大切です。