赤ちゃんの夜泣きの原因と対処法まとめ

生後間もない赤ちゃんは昼夜問わず「寝る」「泣く」「ミルク」の繰り返しですよね。

 

 

ママはゆっくり眠ることもできず、とても大変な時期です。

 

 

数ヶ月が過ぎ、少しずつ赤ちゃんの生活リズムが整ってくるとやっとゆっくり眠れる…かと思いきや、
突然夜中に泣き出し困ってしまうことがあるかと思います。

 

この夜突然泣き出すのが「夜泣き」です。

 

赤ちゃんの夜泣きの原因と対処法をまとめていきます。

 

 

どうして夜泣きするの?

 

 

夜泣きは早い子で生後3ヶ月くらいからおこると言われていますが、だいたい生後6ヶ月くらいからおこることが多いようです。

 

新生児が夜中に泣くのは「おなかがすいた」とか「おしりが気持ち悪い」などの欲求からくるものなので夜泣きとは違います。
夜泣きとは、深い眠りと浅い眠りを繰り返す睡眠サイクルがまだできていない赤ちゃんが泣くことを言います。

 

自律神経がまだ未発達なのですぐ目が覚めてしまい、
真っ暗な夜中に目を覚ますと不安になり泣いてしまうようです。

 

 

夜泣きをしたらどうすればいいの?

 

泣き出したらすぐに抱き上げ、泣き止むまで部屋の中をぐるぐる、よくありますよね。
「泣き止まなくて結局2時間以上歩き回ってた」なんてこともよく聞きます。

 

実は抱き上げてしまうのは逆効果なんです。

 

夜泣きを改善するには睡眠サイクルを整える必要があります。
短い睡眠サイクルをつなげることによって、長い眠りができるようになります。

 

そんな時に抱き上げてしまうと、睡眠サイクルが途切れ完全に目が覚めてしまいます。
そうすると長い眠りにつくことを覚えられないので泣き続けてしまうのです。

 

目を覚まさせずに長い眠りを覚えさせることが、夜泣きを改善する早道なのです。

 

夜泣きが始まったら、抱き上げずに寝かせたままにしましょう。
そしてそばについて「大丈夫よ」「ママはいるよ」と声をかけたり、トントンと体を触って安心させてあげましょう。

 

最初はしばらく泣き続けるかもしれませんが、何日かするとママの気配を感じて安心してまた眠りにつくことができるようになるでしょう。

 

泣き止まない時には?

 

しばらくそばについて様子を見ていても泣き止む様子がない、と言う場合には夜泣きではない場合もあります。

 

新生児のように「おなかがすいた」「オムツが濡れて気持ち悪い」などの理由かもしれないし、どこか痛いなど体調によるものかもしれません。

 

夜泣き以外の場合には、その原因を取り除いてあげることが必要です。

 

(まとめ)

 

夜泣きには個人差があり、
生後3ヶ月で始まる子もいれば2歳くらいになって夜泣きする子もいます。

 

いつでもママがいるよ、と安心させてあげることが夜泣き改善には大切なことなので、
夜中起きるのは辛いでしょうが少しだけがんばってくださいね。